学校沿革


2003年 有志による勉強会として発足。
2004年9月 瀋陽日本人会において「補習校設立研究会」を立ち上げる。
2005年3月 瀋陽日本人会総会にて承認される。
2005年4月 瀋陽日本人補習校として学校所在地を「華新国際小学校」に置く。
初代多田敬司校長・世古健治運営委員長を中心に、瀋陽日本人会の支援の基、児童数13人で学校が発足。
2006年1月 第2代岡沢成俊校長就任。
2006年4月 第2期生入学
日本国外務省・文部科学省に、国庫補助申請。
2007年3月 第1期卒業生2名
2007年5月 第2代秋山光之運営委員長就任。
2007年4月 第3期生入学
2007年5月 第3代石原南盛校長就任。
2008年4月 華新国際小学校閉校に伴い、瀋陽博瑞教育培訓学校に移転
2008年8月 校舎を青年大街小学校に移転
2009年4月 第4代望月英明校長就任
第3代望月英明運営委員長就任
2010年4月 第5代角和武校長就任
第4代佐々木浩史運営委員長就任
2013年9月 校舎を国潤外国語学校に移転
2013年4月 校舎を小書童教育連鎖機構文芸路学習中心に移転
第6代吉川正圀校長就任
2014年10月 第7代遠山樹彦校長就任
2015年4月
開校10周年記念式典開催
2016年4月
第5代鍋谷仁遠泳委員長就任




Topに戻る