トップページ >生活情報>電話事情

生活情報 〜電話事情〜


@固定電話
固定電話には、電話の登録により、海外直通の物と、そうでない物があります。
市内電話    8桁の電話番号
市外電話    市外局番+電話番号
国際電話(日本)0081+頭の0を外した市外局番+電話番号
(海外直通の固定電話に限る。)

<国際電話>
国際電話を掛ける方法には、上記ダイレクトの方法以外に、以下のような方法があります。以下全て国際電話契約をしていない電話からも、国際電話を掛けるこ とができます。

1)KDDIジャパンダイレクトを利用する。
日本にのみ電話することができます。(第三国への電話不可)

・108810 クレジットカード精算による国際電話。
アナウンスに従い、クレジットカード番号+# 暗証番号+# 電話番号+#

・108811 コレクトコール
KDDIの交換に、相手の電話番号・氏名を伝えて繋いで貰います。

2)IPプリペイドカードを利用する。
額面100元分のカードが、半額以下より販売されており、電話料金が格安で、最近利用者が、急増しています。
国内長距離電話にも使用可能です。多種多様なカードがあり、電話料金設定の違い、相手国・FAX利用等の制限を設けている物、音声 の鮮明度の差、一長一短となっています。
使用法により、大きく分けて2種類に分類されます。
以下に、代表的なカードの使用法を説明いたします。

・一つの固定電話に対し、電話料金を予納する物。
家庭の電話等で、使用するときなどに向いています。

・「神州行17951」IPカード。
初めに、13800138000登録電話にて、カード番号・パスワードをアナウンスに従い登録します。
登録に使用した電話番号に自動的にカード額面の通話料が、予納されます。電話を掛ける際には、
17951+国番号(日本0081)+頭の0を外した市外局番+電話番号
短縮ダイヤル登録も可能です。
PCのFAXソフトを使用したFAXの送信にも対応しています。
通話料残高が少なくなった場合、新しいカードを買い足し、登録電話から予納することにより、通話が途切れることなく使用することができます。

・毎回の電話について、残額を引き落とす物。
出先で、使用する時などに向いています。
「遼寧電信17968」IP電話カード
「中国鉄通 96690」IP電話カード
アナウンスに従い、電話を掛けます。
IP番号+カード番号#+パスワード#+国番号(日本0081)+頭の0を外した市外局番+電話番号

3)ダイヤルインIP回線を使う。
マンション単位で、IP電話契約をしているところもあります。
この場合、複雑な手続き不要で、直接179○○○に続けて、ダイヤルするだけで、IP回線を利用することができます。詳しくは、管理部にお問い合わせ下さ い。
カード式IP電話に比べ、額面と実売価格の差額が、割高となります。
通常の通話料金と一括での、料金支払いとなります。

4)パソコンを使用して国際電話をかける
インターネットから、ソフトフェア(Skype)をダウンロードし、Skypeを利用して、世界中の固定電話・携帯電話に電話をかけることができます。ま た、Skype同士なら、無料で通話することができます。
マイク付きのヘッドホンをご用意ください。
・SKYPEの詳しい説明、ダウンロードは以下のHPより
    http://www.skype.com/intl/ja/
 

5)Yahoo・MSN等のメッセンジャーを利用して、日本の携帯電話を利用する。
国際ローミングタイプの日本の携帯電話を持って来られている方も多いかと思います。国際電話の掛け方は、説明書をご確認ください。
*注意:海外でメール受信設定を自動にすると、迷惑メール受け取りにもローミングパケット料が発生し、多額の電話代金請求となります。

A携帯電話
中国でも携帯電話の普及率は高く、至る所で「ケータイおしゃべり」が見受けられるようになりました。飛行機内での携帯電話の使用は、処罰の対象となりま す。携帯マナーを守っての使用は、万国共通です。

1)携帯電話を買う。
中国の携帯電話は、SIMカード方式を使用しています。(一部「小霊通」を除く) 従って、「空機」と呼ばれる電話本体と、SIMカードを別々に購入する 必要があります。具体的な購入方は、下記の通りです。

a)「空機」電話本体を買う。
移動電話営業庁・家電量販店・スーパー・路上に至るまで、あらゆる所で売られています。
*購入の際の注意点は、・「進網許可」のステッカーのある商品を購入する。

mobile.jpg


携帯電話は、通信機器ですので許可のない商品は、電波の不法使用となり、罰則の対象となります。
海外ブランド商品の場合、許可を受けない密輸商品もありま すので確認が必要です。

・「翻新」と呼ばれる中古品に注意。
回収された中古品、水没した新機種等、外部カバーを取り替えて、型遅れ機種の在庫処理品などと称して、販売されている物 があります。外観上見分けが付かないので、注意が必要です。しかし、店頭で、「翻新商品」と明記し、保証が付いている商品もあり、価格も低めに設定され、 こちらは、買い得感があります。

・偽物電池に注意。
電話同様「翻新」と呼ばれる電池や、偽ブランド電池が横行し、新品電話に、梱包されている場合もあります。
充電時に発熱し、内部基盤を変形させ電話機本体の故障を引き起こしたり、粗悪品に至っては、爆発事故を引き起こす物もあり、非常に危険です。
上記の危険を回避するためにも、「正式な領収証を発行する販売店」で購入することをお勧めします。

b)SIMカードを登録・購入する。
SIMカードには、何種類かあり、月額固定料金の設定・市内通話料・ローミング費用・付帯サービスにより、様々な商品が、用意されています。 登録に際しては、「遼寧省移動通信営業庁」または、最近は、市内のスーパー内各所特約店にて身分証明証を提示し書類に必要項目を書き込み購入します。 「空機」を持っていけば、窓口にてカードの挿入等、電話機のセットアップを行って貰えます。
以下、代表的な物を紹介します。

・「全球通」
電話料金支払いは、一月毎に移動通信営業庁・銀行にて、電話番号を告げて請求金額を支払います。
銀行口座引き落としも可能です。(要別途手続き) 予納も可能です。

・「神州行」「如意通」など
プリペイド方式の携帯電話です。
電話料金は、「神州行充値カード」と呼ばれるカードにて、電話料金を支払い、(中国国内町の何処でも購入可能です)その後携帯電話にて、電話代の予納をし ます。
各充値カードにかかれた番号にダイヤル後、アナウンスに従い、
1中国語(2英語) + 1 + カード番号# + バスワード# 
予納完了後、ショートメールにて、入金確認の返事が戻ってきます。
充値カードの販売店でも頼めばチャージしてくれます。
   http://www.chinamobile.com/
   http://www.bjtelecom.com.cn/

中国他都市から転勤等でいらした方へ
上記にご紹介したように、中国国内ではたくさんの種類のSIMカードがあります。
中国国内共通で使える物がほとんどですが、他都市で購入したSIMカードで特にプリペイドカード式のものは、ローミング 費用が高く設定されている物が多く、瀋陽で引き続き使用すると電話するたびにローミング費用がかかってしまいます。電話番号が変わって特に問題ないようで したら、瀋陽に長く滞在される場合、新たにSIMカードを瀋陽で購入された方が結果的には費用がかからないことが多く、おすすめです。