トップページ >生活情報>インターネット事情

生活情報 〜インターネット事情〜


現在、瀋陽市内では各家庭でもコンピューター(電脳)が普及し、各家庭でのインターネット使用率は飛躍的に増加しています。ここでは、瀋陽でインターネッ トに接続する方法、インターネットの利用方法などをご紹介します。数字の案内に沿って必要部分をご覧下さい。

@コンピューターを準備します (コンピューターがある場合→A)

コンピューターは、「三好街」等、専門店街にて購入することができま す。店頭に並んでいる商品の殆どが、OS(Windows)未インストールの物なので、別途OS・アプリケーションの準備が必要です。
OSソフトインストール済み商品も準備されていますが、中国語版又は英語版のため、日本語ソフトは別途必要となります。
Windowは、多言語で使用できますので中国語版、英語版でも日本語の入力は可能ですが、メニュー画面等の表示が日本語で出来ない物がありますので、販 売店又はコンピューターに詳しい方にお尋ね下さい。
日本語機能キーボードは中国で入手不可能です。中古(二手)市場では、日本製品(ノートブックパソコン・日本語キーボード)も入手可能です。 本体は中国で購入しても、キーボードは日本のものが使用できますので完全に日本語化したい場合は中古品を購入するか、日本から持ち込むことをお勧めしま す。

AADSLを利用して接続
1)ハードの準備

a)LANボードの準備 (LANボードがある場合→2)3))

・デスクトップパソコンの場合
汎用LANボードが使用できるので、「三好街」等にて購入します。

・ノートパソコンの場合
機種により専用LANボードが設定されていますので、メーカーにお問い合わせ下さい。

b)その他ADSLに必要な、LANケーブル・スプラッター・ADSLモデム等は、全てADSL設置工事の際に、電信局が準備しますので各自準備は不用で す。

2)ADSL申し込み。(ホテル等LANケーブルが部屋にある場合→3))
現在、瀋陽では各小区毎にADSL環境が整ってきていますので、小区の管理部にお尋ね下さい。
ADSL環境の整っていない小区にお住まいの場合は、遼寧電信局にて申し込み手続きを行ってください。
料金形態等詳細については、(外部リンク)
    http://s.10010.com/SearchApp/chseBroadbandList/init

3)部屋にLANケーブルが直接引き込まれている場合は、ケーブル を直接接続すれば、完了です。

4)コンピューターの設定。
殆どの場合工事に来た際にコンピューターの設定まで行って貰えます。
この際渡される各種設定に必要なアドレス・パスワード等は、後日フルインストール等 の再設定の際に必要となりますので、大切に保管してください。
上記手続きで、インターネットが使用できるようになります。

B無線LANについて
複数のPCを使用する場合、無線LANは便利な反面セキュリティー面での問題が発生します。
WEPのパスワードを解析して他人のLANにただ乗りする機器 が普及しています。
セキュリティーには十分に注意して使用するようにして下さい。

CE-mailの使用
○日本で、メールアドレスを持っている。
○Yahoo・MNS等のフリーメールアドレス。
等の条件であれば、インターネット接続後、メールボックス・Webメールを利用して、メールのやりとりをすることができます。
中国で新たにメールアドレスを取得する場合、固定電話の付属契約となりますので電話加入名義者の身分証明証を持って遼寧省電信局にて手続きを行います。
中国で新たに取得したメールアドレスを使用する際、メールソフト中「SMTPパスワード」の設定が必要となります。


※注意

1)モデムは通信機器であるため中国国内では、電信局の許可を受けた製品のみ使用することが許可されています。日本製モデムの使用については自己責任 で行ってください。

2)中国の電源電圧並びに電話線電圧は不安定のため、電源品・モデム等破損することがあります。停電時の電圧変化等からコンピューターを保護する対策が必 要となります。雷サージ防止製品の使用により破損を防げます。

3)電話回線のノイズ・家電品のノイズにより、通信速度が日本に比べ著しく低下します。ノイズフィルターやノイズ防止ケーブルの採用により、解消すること ができます。

4)ウィルス・パスワード管理については、充分に対策を行ってください。